1: 忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/01/19 06:40:58 ID:???



ネットの反応

3: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19 07:17:32 ID:299
熱の壁をどうやって越えるの
5: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19 08:16:44 ID:k0l
>>3
宇宙機関船の技術の蒸発冷却を利用するんだろうよ
蒸発冷却は(不燃の)プラスチックと金属を混ぜたもので
熱で蒸発(膨張)したときの冷却効果で船体を守るというもの

しかし使うたびにこれを塗り直さないといけないから
メンテナンス代が馬鹿にならない

実用化は無理なんじゃあないかな
ミサイルとかの無人機には使われているようだけどね
9: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19 08:56:06 ID:utF
>>5
いいこと考えた!
超分厚く塗っといて、
だんだん痩せていくというのは?

減り方に偏りが
8: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19 08:34:50 ID:hsR
燃費悪そう
10: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19 09:10:45 ID:XeN
なんか力関係が浮き彫りになるような話だな
偵察機ねぇ
11: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19 16:16:24 ID:dtV
>>10
単に作ってみたかっただけだよ
12: 名無しさん@おーぷん 2018/01/19 16:25:11 ID:XH7
そんなスピードで飛んでて何が偵察できるんだよ?
偵察用の人工衛星作った方が、よほど正確に偵察できるとおもうんだが。
14: FX-502P 2018/01/19 16:44:48 ID:fGv
>>12
メリットがあるとしたら、衛星は決まった軌道でしか動けないけど
偵察機は自由なので必要な時に必要な場所へ送れるってあたりかねえ
衛星で常時全域をカバーするのか、偵察機で足りないとこをカバーするのか
コスト的にどっちがいいか迷うところでは

そいえば、「パトリオット・ゲーム」だったか
衛星が上空を通過するタイミングをテロリストが把握してて
対策とってた、なんてシーンもあったけど