1: 20/12/22(火)12:25:56 ID:???





引用元:https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608607556/

2: 20/12/22(火)12:31:25 ID:31.3j.L4
イランといえばドミニオン国の一つ

3: 20/12/22(火)12:35:09 ID:Xp.oj.L17
対イランでの中東団結への援護

4: 20/12/22(火)13:37:26 ID:lH.oj.L1
なんというか、トマホークは割と撃ってもいい雰囲気になってて戦略性増しましたね

6: 20/12/22(火)17:07:09 ID:Z4.yl.L1
>>4
それと共にイランが報復した長距離ミサイルも戦術兵器になりつつある。
併せて攻撃性というより抑止性が増した感じかな。
それが政略性なり戦略性ともなるが。

7: 20/12/22(火)17:10:42 ID:Qs.la.L1
>>4
偵察衛星でざっと調べて、無人機で人の出入りを見張れば、現地に調査員を派遣するという危険をかなり省けるからね。(現地調査員はゼロには出来ないみたいだけど)
それに巡航ミサイルを組み合わせると、(味方の)人が死ぬ可能性を極少に出来る。
ただ、巡航ミサイルは意外と高くてコストパフォーマンスが悪い。
同じだけの損害を与えるのなら、素直に攻撃機で各種爆弾を運用した方が圧倒的に安上がりになる。
最終的には無人機で爆撃する形になるのかも。

と、ここまで書いてて思ったんだが、積載能力の低い無人機を多数出しての爆撃と、積載能力の高い攻撃機(F-15Eとか)を少数出しての爆撃と、どっちが効果的なんだろう?
機体その物は、結局は作戦地域に近い現地基地が必要だし、整備員も無人機沢山作戦の方が数必要だろうし、
パイロットも無人機沢山作戦の方が数必要になる。
結局は最後は人件費の問題か。

8: 20/12/22(火)17:14:40 ID:8r.3j.L1
>>7
戦艦の主砲でドカドカ撃ち込むのが一番コスパが良い。
命中するかどうかよりも数でどうにかする。
倍の数撃ち込んでもまだミサイルより安い。

10: 20/12/22(火)17:26:19 ID:lH.oj.L1
>>8
砲と核と生物兵器ですね
経済規模としてはゴミ粒みたいな北朝鮮が超大国と付き合えるコスパ最強兵器

15: 20/12/22(火)23:27:39 ID:2C.sp.L1
こういうのバイデンがほんとに当確しちゃったら、
全部終わるわけ・・・?
いいの?米軍全軍・・・オバマ路線に逆戻りだよ?

16: 20/12/23(水)10:57:42 ID:dL.es.L1
>>15
アメリカ今のうちに、中国と開戦しておくといいかもな。
そうしたら、売電が大統領になっても、中国優位で終戦とかできないだろ。

17: 20/12/23(水)16:13:28 ID:eM.2u.L1
>>15
米国第一で、中東から米軍を引き上げようとしている
トランプ大統領の努力を無にしようとして、
米兵が国に帰れないオバマの時代に逆戻りするのは間違いない